シネマトゥデイ

タクシデルミア ある剥製師の遺言 (2006)

2008年3月29日公開 91分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
タクシデルミア ある剥製師の遺言
(C) 2006 TAXIDERMIA

見どころ

ハンガリーの作家ラヨス・パルティ・ナジの短編小説を基に描かれる、ダークファンタジーの要素が盛り込まれた壮大な家族の物語。祖父から父、そして孫の3世代に渡り受け継がれる、ちょっと風変わりな男たちの人生を激動の歴史とともに描く。監督はデビュー作『ハックル』で一躍有名になった新鋭のパールフィ・ジョルジ。不気味さの中にどこか突き抜けた明るさを漂わせる不思議な物語は必見。

あらすじ

ヴェンデル(チャバ・ツェネ)は寂れた前哨地で中尉とその家族にこき使われていた。性的欲求に駆られた彼は中尉の妻と関係し、それがバレて中尉に頭を撃ち抜かれる。その息子カルマン(ゲルゲイ・トローチャーニ)は巨漢に成長し、早食い競技の選手となる。しかし、彼が授かったのは父親に似ず体の小さな息子ラヨス(マルク・ビシュショフ)だった。

[PR]

映画詳細データ

英題
TAXIDERMIA
製作国
ハンガリー/オーストリア/フランス
配給
  • エスパース・サロウ
カラー/dts
(シアター・イメージフォーラム ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]