KAMATAKI-窯焚- (2005)

2008年2月23日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
KAMATAKI-窯焚-

見どころ

日系カナダ人の青年が日本の窯元に住み込み、異文化を経験しながら繊細(せんさい)な心をゆっくりと解放していく人間ドラマ。モントリオール国際映画祭で最優秀監督賞などを受賞。外国人から見た日本の姿を描いてきたクロード・ガニオンがメガホンを取り、自然の美しさと人間の温かさを真摯(しんし)につづる。青年を受け入れる陶芸家を演じる藤竜也と吉行和子ら、ベテラン陣の大人の色香を漂わせる演技が心に残る。

あらすじ

自殺未遂をした日系カナダ人のケン(マット・スマイリー)は、死亡した父の兄の住む滋賀県信楽へと降り立つ。彼は叔父で陶芸家の琢磨(藤竜也)にも心を開こうとせず、初めは女性に奔放な琢磨に嫌悪感を抱いていた。しかし、琢磨の作品を見つめ、窯焚の10日間をともに過ごすうちに、その人間的な魅力に心を開いていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
KAMATAKI
製作国
カナダ/日本
配給
  • ティ・ジョイ
カラー
(新宿バルト9 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]