シネマトゥデイ

裏切りの闇で眠れ (2006)

2008年2月23日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
裏切りの闇で眠れ

見どころ

パリの闇社会に生きる男たちの壮絶な戦いと生きざまを描いたフレンチ・ノワール。監督は『スパイ・バウンド』のフレデリック・シェンデルフェール。深い孤独に生きる冷静なプロの殺し屋を『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』のブノワ・マジメルが、闇社会の帝王の情婦を『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のベアトリス・ダルが演じる。裏切りが裏切りを呼ぶサスペンスフルな展開と、徹底した暴力と性描写の衝撃度に注目だ。

あらすじ

仲間のジャン=ギィ(オリヴィエ・マルシャル)と闇社会で危険な商売を請け負っている殺し屋フランク(ブノワ・マジメル)。大きなコカイン取引を裏切り者に邪魔された闇社会の帝王クロード(フィリップ・コベール)は、実の息子のように信頼を寄せているフランクに、裏切り者の居場所を突き止め、殺すように依頼する。

[PR]

映画詳細データ

英題
TRUANDS
製作国
フランス
配給
  • ムヴィオラ
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR/R-18
(新宿武蔵野館)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]