シネマトゥデイ

裸足のギボン (2006)

2008年3月8日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
裸足のギボン
(C) 2006TAEWON ENTERTAINMENT Co.,Ltd

見どころ

実話を基に親子のきずなを笑いと涙を交えて描く感動のヒューマンドラマ。知的障害を持つ息子と年老いた母親の貧しいながらも充実した日常を生き生きとみせる。実在のオム・ギボン氏のドキュメンタリー番組に感動した『SSU』のシン・ヒョンジュンが映画化を決意。『家門の危機』でも母子役を演じたキム・スミを母親に迎え、実の親子のような掛け合いをみせる。ただシンプルに親が子を思う気持ち、そして子が親を大切に思う心に胸が震える。

あらすじ

年齢は40歳だが知能は8歳のギボン(シン・ヒョンジュン)は、タンレイ村で高齢の母(キム・スミ)と2人で仲良く暮らしていた。ある日、彼はひょんなことから村で開催されたマラソン大会に参加し入賞してしまう。その能力に目をつけた村長(イム・ハリョン)は、ギボンを全国アマチュアハーフマラソン大会に出場させようともくろむ。

[PR]

映画詳細データ

製作国
韓国
配給
  • リベロ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/PG-12
(銀座シネパトス ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]