シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
フレフレ少女
(C) 2008「フレフレ少女」製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年10月11日
(丸の内ピカデリー2 ほか)
配給:
松竹
カラー

見どころ:小説で繰り広げられている恋にあこがれる少女が野球部の男子に恋をしてしまい、彼を応援するため応援団に入る青春学園ストーリー。『恋空』で純愛を貫く女子高生をさわやかに演じた新垣結衣が鉢巻姿で学ランをさっそうと着こなし、硬派でキュートな応援団長を熱演する。監督は『となり町戦争』の渡辺謙作。伝説の応援団OB役で内藤剛志らベテラン俳優が脇を固め、ヒロインを温かく見守る。内気だった少女が誰かを本気で応援することで成長する姿が共感を呼ぶ。

あらすじ:読書が趣味で、物語の中の空想の恋に夢中になっている女子高生・桃子(新垣結衣)は、ある日偶然野球部のエースに出会い、初恋に胸をときめかす。彼に夢中になって見守りたくなった桃子は、廃部寸前の応援団へと入部するが、ひょんなことから応援団長に仕立て上げられてしまい、厳しい練習の日々を送ることになってしまう。

フレフレ少女
(C) 2008「フレフレ少女」製作委員会


スタッフ

監督:
脚本: 橋本裕志
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『フレフレ少女』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「フレフレ少女」  最大のウリは… from 栄華通信  珍竹隣映画ブログ (2017年9月23日 20時48分)
    映画「フレフレ少女」観ました。 うーん、なんか地味に退屈だった。 ガッキーこと新垣結衣のためのアイドル映画という感じ。 最後のほうの甲子園出場の野球部の応援になって、やっと映画らしくなった感じ。 もともとこの「フレフレ少女」は漫画原作らしい。 邦画「フレフレ少女」 2009年 評価:★★ 監督:渡辺謙作  漫画原作:よしづきくみち 出演:新垣結衣、永山絢斗、柳ユーレイ、金田哲(はんにゃ)、内藤剛志、モロ師岡 映画:フレフレ少女を記事にしているブログ ・頭の整理。:フレフレ少女。 ・『映画な日々』 c&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 新垣結衣 強化され過ぎ!!  劣化どころの騒ぎじゃないww from Beginner PV (2010年10月17日 1時22分)
    新垣結衣の2011年カレンダーが大変です!! [PR] ガッキーいつの間にこんな強化されたんだ!! 新垣結衣 劣化どころの騒ぎじゃないww こんなガッキーは多分 期間限定になるかとw >>新垣結衣2011年カレンダー ...[外部サイトの続きを読む]
  • フレフレ少女 from シネマクマヤコン (2009年11月12日 1時0分)
    新垣結衣が応援団長になってる青春映画です。ガッキー(で合ってる?)がかわいいです ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:フレフレ少女 from よしなしごと (2008年11月16日 12時22分)
    もう、劇場公開終わってしまいましたが、フレフレ少女を観てきましたので、ようやく記事にします。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『フレフレ少女』の感想 ※ネタバレ少しあり from 少年トッパのブログ (2008年11月2日 22時11分)
    お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆  とっても微笑ましい作品。終わったあと、口元が緩んで仕方なかった。  とはいえ、決して出来が良いとは言えない。物語の展開はモタモタしているし、脇のキャラクターは魅力不足だ。コメディリリーフを担うはずの男子チアリーダー部員は、笑わせてくれるというより戸惑わせてくれるし、剛気に見えて実はヘタレなOBたちのキャラも中途半端(モロ師岡など役者陣は健闘しているが)。モテモテのピッチャー君も、なんでそんなにキャーキャー言われてるのか分からない。それに、あんなに簡単に転校できちゃうも ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年10月6日の週の公開作品
  3. 『フレフレ少女』