シネマトゥデイ

(2006)

2008年8月9日公開 48分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
背
(C) Gucchon Pix Entertainment

見どころ

ほんの出来心から酔っぱらいの女の子にキスしてしまった青年が、その後ナゾの黄色い靴下の男に執拗(しつよう)に追いかけられる恐ろしさを淡々と描く異色サスペンス。監督は21歳で手掛けた本作が初の劇場公開作となる新鋭の山口学。どこかとぼけた主人公を、映画初主演の栗田雄司がユーモラスに演じている。平凡な日常の裏に潜むちょっとした恐怖がリアルで、臨場感を盛り上げる。

あらすじ

高校を卒業した主人公(栗田雄司)は、仲間と一緒にナンパに出かけるが収穫はなく、早朝に一人寂しく最寄りの駅にたどり着く。そこで彼は酒を飲み過ぎたらしい女性と出会い、足元もおぼつかない彼女を介抱して家まで送って行く。成り行きでその女性と唇を重ね、コトに及ぼうとした瞬間に誰かが訪ねて来て、彼はコタツの中に隠れるハメに。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
カラー/DV
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]