シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ワールド・オブ・ライズ
(C) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.
英題:
BODY OF LIES
製作年:
2008年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2008年12月20日
(丸の内ピカデリー1 ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。テロ組織に潜入する主人公をレオナルド・ディカプリオが熱演するほか、ベテランCIA局員をラッセル・クロウが好演。 敵も味方も入り乱れた緊迫感みなぎるドラマに圧倒される。

あらすじ:ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており……。

ワールド・オブ・ライズ
(C) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

Warner Bros./Photofest/ゲッティ イメージズ


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ワールド・オブ・ライズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ワールド・オブ・ライズ』★嘘(ー_ー)!! from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月28日 23時40分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/23700/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 (ネタばれでもないし、レビューでもない雑感です…。) レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ。 この2人を主軸とした、中東・テロリストVSアメリカ・CIAの構図。 そこに、ライズ(嘘)と来るのですから、 楽しみにしていました。 [CIA]         ・主に本国から指示(クロウ) ・中東での現場作業(ディカプ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ワールド・オブ・ライズ』 (2008/アメリカ) from ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 (2011年12月21日 23時52分)
    ●原題:BODY OF LIES ●監督:リドリー・スコット ●出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー 他... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 ≪ ワールド・オブ・ライズ ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年5月14日 1時18分)
    レオナルド・ディカプリオと、アカデミー俳優ラッセル・クロウ――ハリウッドきっての豪華2大スターが顔を合わせ、いま至極の「嘘の世界」〈ワールド・オブ・ライズ〉が、その幕を開ける!  世界を救おうと... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ワールド・オブ・ライズ from 悠久の華美 (2010年2月16日 7時15分)
    ディカプリオ流石の演技ですね!「ブラッド・ダイヤモンド」で新境地を開拓したディカプリオですが、この映画もその路線を踏襲したハードな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ワールド・オブ・ライズ】CIAは中東でなにをしているのか from 映画DVDブルーレイを52倍楽しむ方法 (2009年7月3日 13時51分)
    アメリカは中東で何をしているのだろうか。中東でのCIAがやっていそうなことを映像化した映画がリドリー・スコットの『ワールド・オブ・ライズ』である。中東で体を張るCIAのケース・オフィサーにレオナルド・ディカプリオ、ラングレーの本部で小うるさく指示する上司にでっ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年12月15日の週の公開作品
  3. 『ワールド・オブ・ライズ』