シネマトゥデイ

ラブファイト (2008)

2008年11月15日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラブファイト
(C) 2008「ラブファイト」フィルムパートナーズ

見どころ

まきの・えりによる小説「聖母少女」を原作に、幼なじみの男女がボクシングを通じて、互いの気持ちに気付いていく姿をさわやかに描いた青春ラブストーリー。『ミッドナイト イーグル』の成島出がメガホンを取り、成島が脚本を務めた『築地魚河岸三代目』に主演した大沢たかおが初のプロデュースを務める。主演には『バッテリー』の林遣都と、『幸福な食卓』の北乃きいという期待の若手俳優を抜てき。対照的な性格の幼なじみ役を、息の合ったコンビぶりではつらつと演じる。

あらすじ

幼いころからいじめられっ子の稔(林遣都)と、稔をいつも助けてきた幼なじみの亜紀(北乃きい)。ある日稔は、偶然出会った大木(大沢たかお)という男のもとでボクシングを習い、密かに亜紀よりも強くなろうとする。しかしあっけなく亜紀にバレた上、彼女もボクシングの魅力に目覚め、2人は一緒に大木のジムに通うことになる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東映
カラー
(新宿バルト9 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]