シネマトゥデイ

ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて (2008)

2008年11月15日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて
(C) BOOMTOWN MEDIA

見どころ

創立125周年を迎えた名門オーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を追うドキュメンタリー。首席指揮者サー・サイモン・ラトル率いる126名の演奏家たちの、東アジアを巡るコンサートツアーに同行。最高峰のオーケストラを支える演奏家たちを映す。監督は『ベルリン・フィルと子どもたち』のトマス・グルベ。最強のオーケストラであり続けることの苦悩や喜びが赤裸々に描かれ、演奏家たちの知られざる素顔に驚かされる。

あらすじ

名門オーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の2005年のコンサート・ツアーに同行したカメラクルーは、移動の飛行機からリハーサル、メンバーのホテルの部屋、自由時間、楽屋までを縦横無尽に動き回り、偉大なるオーケストラの内側に潜入する。彼らの奏でる最高の音楽と素顔をとらえ、ベルリン・フィルの全容を映しだす。

[PR]

映画詳細データ

英題
TRIP TO ASIA:THE QUEST FOR HARMONY
製作国
ドイツ
配給
  • セテラ・インターナショナル
カラー/35mm/ドルビーデジタル
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]