シネマトゥデイ

ボディ・ジャック (2008)

2008年10月25日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ボディ・ジャック
(C) 2008 『ボディ・ジャック』製作委員会

見どころ

元学生運動家の中年男と、彼に憑依(ひょうい)した幕末の志士の霊との奇妙な交流を描いた異色作。幕末の動乱期と1960年代の学生運動、そして現代と時空を超えて展開する光岡史朗の同名小説を『真木栗ノ穴』などをプロデュースしてきた倉谷宣緒が映画化した。主演に『歩いても 歩いても』の高橋和也、彼の体を乗っ取る侍役に元キャスターの柴田光太郎。猟奇的な犯罪が多発する世相を反映しながらも、夢を見失ったミドルエイジの再生の物語に胸が熱くなる。

あらすじ

中年のコピーライター、テツ(高橋和也)は元学生運動家だったが、運動に挫折してからは夢を見失っていた。ある日、彼は自分が侍の霊(柴田光太郎)に憑依(ひょうい)されていることを知る。侍の霊の目的は、地上の人間に取りついて殺傷事件を起こしている人物を捜すこと。こうしてテツと侍の霊との奇妙な共同生活が始まった。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
企画・製作
原作
脚本
撮影監督
音楽監督
アクション監督
美術

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 太秦
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/ステレオ
(キネカ大森)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]