シネマトゥデイ

大奥 百花繚乱 (2008)

2008年11月8日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大奥 百花繚乱
(C) 2008「大奥 百花繚乱」製作委員会

見どころ

寛永20年の江戸時代を舞台に、徳川家三代将軍・家光と新しく大奥へ入る少女の淡い恋をつづる異色時代劇。架空の設定と斬新な視点で激動の時代を見つめ直す「大河ロマンシリーズ三部作」プロジェクトの第2部にあたる本作では、江戸城内にある将軍以外男子禁制の“裏大奥”を舞台に、家光の初恋と、それが引き起こす生々しい愛憎劇が描かれる。家光をさわやかに演じているD-BOYSの鈴木裕樹が見せる、大胆なラブシーンも見逃せない。

あらすじ

寛永20年、江戸城内には将軍以外の男子禁制の裏大奥と呼ばれる場所があり、お春(弥香)はその大奥への入城の途中に“奇跡の木”と呼ばれる枯れ桜の下で、徳川家三代将軍・家光(鈴木裕樹)と出会う。その後、お春は家光と大奥で運命的な再会を果たし、家光に明るい振る舞いを見初められるが、側室たちから激しく嫉妬(しっと)を買ってしまい……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • エスピーオー
カラー/ビスタサイズ
(シネマート六本木)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]