シネマトゥデイ

ラット・フィンク ~ボクのビッグ・ダディ~ (2006)

2008年11月22日公開 76分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラット・フィンク ~ボクのビッグ・ダディ~
(C) 2006 Sphinx Productions / Rat Fink name and device are trademarks of Ed “Big Daddy” Roth, Inc.

見どころ

異色のネズミキャラクター、ラット・フィンクの生みの親エド・ロスの人生と彼の作品に迫るドキュメンタリー。貴重なアーカイブ映像によって動くラット・フィンクの姿と声が披露されるほか、1950年代のアメリカのカルチャーをユニークな着眼点で考察。監督は『ツイスト』などで知られるロン・マン。アン=マーグレット、ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンらが当時の文化の語り部として声の出演を果たしているのも見逃せない。

あらすじ

アーティストのエド・ロスは本業のカスタム・カー制作を安定継続させるために、車愛好家が所属するカー・クラブのチーム・ユニフォーム制作を副業として始める。当時無地の肌着に過ぎなかったTシャツに着目した彼はオーナーの似顔絵や愛車、キャッチ・コピーをプリントし、メッセージを発信できるメディアとして発展させようとする。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
TALES OF THE RAT FINK
製作国
カナダ
配給
  • JVCエンタテインメント
カラー/ドルビーデジタル
(シアターN渋谷 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]