シネマトゥデイ

マルセイユの決着(おとしまえ) (2007)

2008年12月20日公開 156分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マルセイユの決着(おとしまえ)
(C) ARP-TF1 FILMS PRODUCTION-2007

見どころ

フィルムノワールの巨匠として名高いジャン=ピエール・メルヴィルの『ギャング』をリメイク。メルヴィルを敬愛し、原作者ジョゼ・ジョヴァンニとの親交も深かった『めぐり逢う朝』のアラン・コルノー監督が、非情な暗黒街に生きる男たちの生きざまを描きだす。主演は名優ダニエル・オートゥイユ。共演にはモニカ・ベルッチ、『他人のそら似』のミシェル・ブラン、元サッカーフランス代表のエリック・カントナら多彩な顔ぶれがそろっている。

あらすじ

初老の大物ギャング、ギュ(ダニエル・オートゥイユ)が脱獄するが、暗黒街の様相は一変していた。フランスから国外へ逃亡しようとした彼は、昔の仲間から持ちかけられた巨額の金塊強奪計画に加わり、襲撃は成功。しかし、ギュを執拗(しつよう)に追い続けるブロ警視(ミシェル・ブラン)のわなにはめられ、彼は首謀者の名前を口にしてしまう。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LE DEUXIEME SOUFFLE
製作国
フランス
配給
  • ヘキサゴン・ピクチャーズ
カラー/35ミリ/シネスコ/ドルビーデジタル/DTS/R-15
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]