いのちの戦場 -アルジェリア1959- (2007)

2009年2月28日公開 112分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いのちの戦場 -アルジェリア1959-
(C) 2007 LES FILMS DU KIOSQUE - SND - FRANCE 2 CINEMA

見どころ

200万人のフランス人兵士が戦地に送り込まれ、アルジェリア人の死者が60万人に達したと言われるアルジェリア戦争を題材にした戦争映画。1954年から1962年に起こったものの、政府が1999年までこの戦争自体を公式に認めなかったフランス最大の植民地独立戦争の事実が明らかになる。企画発案者であり、主人公の新任中尉を演じるのは『ピアニスト』のブノワ・マジメル。『ホステージ』のフローラン・エミリオ・シリ監督が手掛けた生々しい戦場シーンと濃密な人間ドラマに注目だ。

あらすじ

1959年、フランスからの独立を求めるフェラガ(ゲリラ)とフランス軍の戦闘が続くアルジェリア。新しく赴任してきたフランス軍のテリアン中尉(ブノワ・マジメル)は、戦場で常態化している拷問と虐殺の事実に嫌悪感を抱く。そんな彼に、部下のベテラン軍曹ドニャック(アルベール・デュポンテル)は何か言いたげな視線を向けるが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
L'ENNEMI INTIME
製作国
フランス
配給
  • ツイン
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル
(渋谷シアターTSUTAYA ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]