シネマ歌舞伎 刺青奇偶(いれずみちょうはん) (2008)

2009年2月28日公開 88分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シネマ歌舞伎 刺青奇偶(いれずみちょうはん)
(C) 2009 松竹株式会社

見どころ

2008年4月に歌舞伎座で上演された中村勘三郎主演の舞台を映像化。原作は『瞼の母』や『関の弥太ッぺ』など、小説や戯曲を数多く残している長谷川伸。勘三郎演じるばくち打ちの半太郎と妻・お仲の情愛が、悲哀とともにつづられる。配役は妻のお仲を女形の坂東玉三郎、大ばくちの相手・鮫の政五郎を片岡仁左衛門が演じる。役者の所作や表情までが映し出され、生の舞台の興奮やスケール感がスクリーンによみがえってくる。

あらすじ

江戸を追われたばくち打ちの半太郎(中村勘三郎)は、偶然助けた不幸な酌婦のお仲(坂東玉三郎)と結ばれる。しかし、間もなくお仲は病に冒され、死期を迎えようとしていた。最期にお仲に幸せな思いをさせてやろうと、半太郎は賭場の親分・鮫の政五郎(片岡仁左衛門)と大勝負に出る決意をする。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 松竹
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]