シネマトゥデイ

キング・コーン 世界を作る魔法の一粒 (2007)

2009年4月25日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キング・コーン 世界を作る魔法の一粒

見どころ

アメリカで最も生産量の多い食物トウモロコシを通して、現代の食糧問題を見つめたドキュメンタリー。大学の親友である二人の青年が、自分たちの食生活を見直すべくアイオワ州に土地を借りて農作業に取り組み、収穫したトウモロコシの行方を追跡する旅を映し出す。彼らの食のルーツをたどる旅から明らかになる、化学肥料や農薬、遺伝子組み換え、政府の補助金、そして健康問題など、現代の食糧システムの実態にあぜんとさせられる。

あらすじ

大学の親友同士イアンとカートは、自分たちの食生活を見直すべく国内最大のトウモロコシ生産地アイオワ州に移り住み、農業を始める。二人はトウモロコシ栽培を通じて、補助金制度、化学肥料、遺伝子組み換えなどアメリカの現代農業の実情を目の当たりに。さらに収穫したトウモロコシの行方を追って、二人はアメリカ横断の旅に出る。

[PR]

映画詳細データ

英題
KING CORN
製作国
アメリカ
配給
  • インターフィルム
カラー
(シアターイメージフォーラム)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]