シネマトゥデイ

スティル・アライヴ (2005)

2009年6月20日公開 82分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティル・アライヴ
(C) TELEWIZJA POLSKA S.A. 2009

見どころ

『トリコロール』3部作、『デカローグ』などで世界中を魅了し続けるクシシュトフ・キエシロフスキー監督の映画作りを追ったドキュメンタリー。人間の真実、内面に迫ろうと模索し続けドキュメンタリーからドラマへと移行していった軌跡を、彼自身やスタッフ、友人らの証言を交えてたどる。インタビューに登場するヴィム・ヴェンダース、ジュリエット・ビノシュといったゆかりのある映画監督や女優たちが、クシシュトフ監督との思い出を語っている。

あらすじ

『トリコロール』3部作や『デカローグ』などで知られるポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキー。映画大学卒業後、数多くのドキュメンタリーを手掛けながら人間の真実、内面に迫ろうと模索し続けた彼は、やがてドラマにたどり着く。その創作の軌跡をクシシュトフ自身やスタッフ、そしてゆかりのある映画監督や女優らが語る。

[PR]

映画詳細データ

英題
STILL ALIVE A FILM ABOUT KIESLOWSKI
製作国
ポーランド
配給
  • ワコー
  • グアパ・グアポ
カラー/ベーカム
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]