シネマトゥデイ

三十九枚の年賀状 (2008)

2009年6月20日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
三十九枚の年賀状

見どころ

太平洋戦争終結を目前に控えた時期を皮切りに、ある男女の40年にわたる愛の軌跡をつづった感動ストーリー。監督はCM作家として活躍し、本作が映画デビューとなる図師三千男。主人公の男女の若き日を映画初出演の夏未エレナと注目の若手俳優・颯太が演じ、大人になってからを麻生祐未と風間トオルが演じている。戦後の貧しい時代を背景に、人を愛する尊さを説きながら、時代の移り変わりとともに忘れ去られた心の温かみを教えてくれる珠玉作。

あらすじ

太平洋戦争が終局に近づいていた昭和20年、九州・宮崎の温かさと思いやりに満ちた小さな町。敗戦のわずか3日前、若き兵士・河村(颯太)と少女・ユリ枝(夏未エレナ)の間に淡い思いが芽生える。視線をわずかに交わすだけでときめき合う二人だったが、そんな無償の愛は激動の時代に翻弄(ほんろう)されることになり……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • スリー・ジー・コミュニケーションズ
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]