ブルー・パシフィック・ストーリーズ (2009)

2009年8月1日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブルー・パシフィック・ストーリーズ

見どころ

若者を中心に圧倒的な支持を得る3人のアーティスト、AI、元DefTechのMicro、土屋アンナが映画監督に初挑戦したオムニバス映画。海からインスピレーションを得たストーリー3本を、三者三様の形でつづっていく。AIは生まれ故郷のロサンゼルスでオールロケを敢行。Microは成宮寛貴を主演に迎えている。また、土屋アンナはアニメーションに挑戦し、CGクリエーターのイワタナオミとコラボレート。3人それぞれの個性があふれ出る作品世界が楽しめる。

あらすじ

ロサンゼルス郊外で同棲(どうせい)生活を送るダンサーのラリー(ラリー・ベリー)とキャンディ(カリン・ベリー)。ストリートで自由に踊り、毎日を楽しむラリーだったが、キャンディはショウビズ界での成功を夢見ていた。そんな中、キャンディはラリーを説得し、オーディションを受けさせようとするが……。(『TAKE ACTION』より)

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • インタストリアル・ピクチャーズ
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]