シネマトゥデイ

孫文-100年先を見た男- (2006)

2009年9月5日公開 127分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
孫文-100年先を見た男-
(C) 深せん電影製片廠

見どころ

中華民国の建国以前、孫文の辛亥革命までの道程を描く歴史ドラマ。逃亡先のマレーシアにまで暗殺の手が伸びる中、革命家・孫文に尽くす女性や支援者とともに革命資金の調達に奔走する様を映し出す。孫文を演じるのは、『宗家の三姉妹』でも孫文役だったウィンストン・チャオ。理想に彩られた思想や巧みな処世術や、活躍の裏に隠された苦悩がつづられ、孫文の人間的魅力に魅了される。

あらすじ

1910年、マレーシア・ペナン。9度目の武装決起に失敗した孫中山こと孫文(ウィンストン・チャオ)と彼を支えるチェン・ツイフェン(ウー・ユエ)。華人秘密結社・徐ファミリーにかくまわれながら革命のための融資を募る孫文だったが、徐ファミリーの内部に孫文暗殺をもくろむ清国の密偵が潜入していた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
中国
配給
  • 角川映画
カラー/ビスタサイズ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]