シネマトゥデイ

谷中暮色 (2009)

2009年10月31日公開 120分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
谷中暮色

見どころ

第59回ベルリン国際映画祭に正式出品され、話題を呼んだセミドキュメンタリー。現代と江戸を往復するフィクションと、1957年に消失した谷中五重塔を題材にしたドキュメンタリーが一体となって展開していく。監督は前作『ビッグ・リバー』もベルリン映画祭で高い評価を受けた舩橋淳。寺の住職、墓守、江戸大工、郷土史家ら、地元の人々が語る五重塔の記憶と、五重塔というシンボルを失った町の喪失感に、独特のタッチで迫る映像詩が見どころ。

あらすじ

東京の下町、谷中で古いホームムービーの保存活動をしているかおり(佐藤麻優)は、1957年に焼失した谷中五重塔の炎上を記録した8ミリフィルムの存在を知る。霊園の墓守、伝統工芸の職人、郷土史家ら、さまざまな人に取材を試みながら幻のフィルムを追う中、かおりは地元の青年・久喜(野村勇貴)と出会い、恋に落ちるが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・編集
脚本
撮影
照明
音楽

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • BIG RIVER FILMS
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]