シネマトゥデイ

ベジャール、そしてバレエはつづく (2009)

2010年12月19日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベジャール、そしてバレエはつづく
(C) Lopez-Li Films - 2009

見どころ

20世紀後半のバレエ界に多大なる影響を与えた偉大な振付家モーリス・ベジャールの死後、彼が遺したバレエ団の新たなる挑戦に迫るドキュメンタリー。ベジャールの後継者ジル・ロマンと40名のダンサーたちが、巨匠が遺したバレエを後世に伝えるため奮闘する姿を追う。監督は、ペドロ・アルモドバル作品などに参加したアランチャ・アギーレ。巨匠不在のバレエ団でプレッシャーを乗り越えバレエを踊り続ける団員たちの真剣なまなざしが感動を呼ぶ。

あらすじ

モーリス・ベジャールの一周忌に当たる日にバーゼルで行なわれた「80分間世界一周」の公演と、その1か月後にローザンヌで行なわれた新監督ジル・ロマン振付作品「アリア」のワールド・プレミア上演にカメラが潜入。団員たちが自分たちのバレエを続けることで、ベジャールの遺産を伝えていこうとする姿が映し出されていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
BEJART:LE COEUR ET LE COURAGE
製作国
スペイン
配給
  • セテラ・インターナショナル
  • アルバトロス・フィルム
カラー
(Bunakamura ル・シネマ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]