シネマトゥデイ

だれのものでもないチェレ (1976)

2010年1月30日公開 89分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
だれのものでもないチェレ

見どころ

1930年代のハンガリーを舞台に、人間以下の扱いで暮らす孤児の少女が心優しい老人と出会い、人間の温かみを知る感動ドラマ。徹底的なリアリズムで人権問題を見つめ、大反響を巻き起こした1976年製作のハンガリー映画がニュープリントで復活。服すら与えられず重労働を強いられる少女を、子役のジュジャ・ツィノコッツィが圧倒的な表現力で熱演。人間の尊厳や自由についての力強いメッセージが時代と国境を越えて観る者の胸を打つ。

あらすじ

1930年代初頭、人権が保障されなかった独裁政権下のハンガリーでは孤児たちは養子に出され、少女チェレ(ジュジャ・ツィノコッツィ)もある農家に引き取られていた。裸のまま働かされ、飢え、寒さ、虐待に耐える日々を送るチェレだったが、使用人として働く老人の優しさに触れ、初めて人の心を知る。だが、チェレにはさらに過酷な運命が待ち受けていた。

[PR]

映画詳細データ

英題
ARVACSKA
製作国
ハンガリー
配給
  • パイオニア映画シネマデスク
カラー/35ミリ/ニュープリント
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]