シネマ歌舞伎 身替座禅 (2010)

2010年5月15日公開 62分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シネマ歌舞伎 身替座禅
(C) 松竹株式会社

見どころ

東京・歌舞伎座で2009年12月に上演された、中村勘三郎と坂東三津五郎による狂言舞踊を映像化。愛人にうつつを抜かす大名の山蔭右京を勘三郎、右京を深く愛する妻を三津五郎が愛嬌(あいきょう)たっぷりに演じ、浮気者の夫と妻とが繰り広げる喜劇が描かれる。二人に振り回される若い太郎冠者役には市川染五郎。ユーモラスな表情や踊りなどがスクリーンに大きく映し出され、シネマ歌舞伎ならではの臨場感を楽しめる。

あらすじ

愛人の花子にどうしても会いたい大名の山蔭右京(中村勘三郎)は、妻の玉の井(坂東三津五郎)に「ひと晩、座禅を行う」とうそをつく。しかし、玉の井が心配して右京の様子をうかがいに行くと、そこに座っていたのは身替わりの太郎冠者(市川染五郎)だった。そこで今度は、玉の井が太郎冠者に代わって座り、右京の帰りを待つが……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 松竹
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]