4匹の蝿 (1971)

2010年6月19日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

独創的な映像美学でファンを魅了し続けるイタリアン・ホラーの帝王、ダリオ・アルジェントの幻の傑作が日本初公開から37年ぶりに復活。『歓びの毒牙(きば)』『わたしは目撃者』と動物や昆虫を謎解きに用いた“動物3部作”の最終章で、ドラマー青年の周囲で起こる不可解な殺人事件を描く。音楽は、多くの映画音楽を手掛けてきた巨匠エンニオ・モリコーネ。ホラー作家として不動の地位を確立した『サスペリア』以前の、初期アルジェント監督作品の魅力を再発見したい。

あらすじ

ロックバンドのドラマー、ロベルト(マイケル・ブランドン)はある晩、自分をつけ回す謎の男を誤って刺し殺してしまい、その現場を不気味な仮面をかぶった人物が写真に撮る。それ以来彼の周囲で不可解な殺人事件が続発するようになり、犠牲者の眼球を摘出して網膜を調べると、4匹の蝿を思わせる奇妙な黒点が浮かび上がっていた……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
FOUR FLIES ON GREY VELVET
製作国
イタリア
配給
  • キングレコード
  • iae
カラー
(シアターN渋谷 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]