シルビアのいる街で (2007)

2010年8月7日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

数年前に出会った女性の面影を求めて思い出の地をさまよう青年の心模様を、独特な映像表現で紡いだ映像詩。情緒あふれる古都ストラスブールを舞台に、主人公の風変わりな恋物語を、緻密(ちみつ)に構成された音と絵画のような映像美で描く。監督は、ドキュメンタリーとフィクションの境界上で野心的な映画製作を続け、名匠ヴィクトル・エリセの後継者といわれるスペインの俊英ホセ・ルイス・ゲリン。人々のざわめきなど街のノイズを生かした音響や、独特の演出が余韻を残す。

あらすじ

とあるカフェ、客を観察してはスケッチをしている画家志望の青年(グザヴィエ・ラフィット)がいた。ガラス越しに一人の女性(ピラール・ロペス・デ・アジャラ)を見つけハッとした彼は、彼女が店を出るとその後を追う。彼女を追って市電に乗り込んだ彼は、あるバーで数年前に出会ったシルビアではないかと声を掛けるが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
IN THE CITY OF SYLVIA
製作国
スペイン/フランス
配給
  • 紀伊國屋書店
  • マーメイドフィルム
カラー/35ミリ/ビスタサイズ(1:1.85)/DOLBY DIGITAL
リンク
公式サイト

前売券特典

本国オリジナルA3ポスター
本国オリジナルA3ポスター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]