デルタ 小川国夫原作オムニバス (2010)

2010年7月24日公開 75分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

日本近代文学を代表する作家の一人、小川国夫の作品を基にしたオムニバス映画。作家の苦悩を描いた『誘惑として、』のほか、3本の短編で構成。小川国夫の故郷、静岡県藤枝でロケを敢行し、孤高の作家の世界観を映像へと昇華した。『美代子阿佐ヶ谷気分』などの撮影を担当する与那覇政之らが監督を務め、アバンギャルドな演出家・美術家の飴屋法水などが出演するなど、各ジャンルの異色のアーティストが集結。難解ともいわれる小川の小説を、どのように映像化したのか注目だ。

あらすじ

作家の岩原はスランプに陥り、創作と生の苦悩に直面する。(『誘惑として、』)。失踪(しっそう)した老人を、おいと彼のいとこや老人の知り合いたちが探すことに。なぜ、甥はそれほどまで必死になって老人を探すのか……(『他界』)。幻聴が聞こえるある男が、消息を絶った女を追い掛ける(『ハシッシ・ギャング)。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 映画「デルタ 小川国夫原作オムニバス」上映委員会
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]