シネマトゥデイ

ソフィアの夜明け (2009)

2010年10月23日公開 89分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

第22回東京国際映画祭コンペ部門で最高賞の東京サクラグランプリをはじめ、最優秀監督賞と最優秀男優賞に輝いた心を打つ人間ドラマ。元ドラック中毒患者の芸術家の兄と、反抗期の彼の弟の関係を軸に現代社会のもろさを描く。監督は、本作が長編デビュー作となるカメン・カレフ。本作撮影終了間近に急逝した故フリスト・フリストフが破天荒な兄を熱演する。社会の底辺でもがきながらも必死に生きようとする人々のリアルな青春が胸にしみる。

あらすじ

ブルガリアの首都ソフィア近郊で暮らす17歳のゲオルギ(オヴァネス・ドゥロシャン)は、坊主頭にして悪い仲間とつるんでいる。彼の年の離れた38歳の兄イツォ(フリスト・フリストフ)は、木工技師として働きながらドラッグ中毒の治療を受けていた。そのせいで投げやりに生きるイツォだが、彼にはアーティストとしての才能もあり……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
EASTERN PLAYS
製作国
ブルガリア
配給
  • 紀伊國屋書店
  • マーメイドフィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(渋谷シアター・イメージフォーラム ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]