永山裕子 人形と百合を描く (2010)

2010年10月23日公開 120分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

水彩画ファンの間で話題の画家、永山裕子の水彩画法について深く掘り下げたドキュメンタリーシリーズ第3弾。今回はアンティークドールとユリをメインに、水差しや鉄瓶などの描き方についてもじっくりと向き合う。人形をバランス良く見せる方法や、差し込む光の陰影のとらえ方などを画家独自の言葉で表現する。白いモチーフの用い方や水彩画ならではの技巧など、濃密な内容に驚嘆する。

あらすじ

アトリエで静かに筆を握る永山裕子は丁寧なデッサンからスタートし、そこから少しずつ絵に色を付けていく。彼女はその透明感が魅力の水彩画で、白い題材の扱い方や、あえて白を塗り残して際立たせる表現手法などについて説明する。細部にまでにこだわった“永山流”水彩画の描き方や、モチーフに対する愛情と真摯(しんし)な姿勢に心打たれる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
プロデューサー
企画
撮影・編集

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 水彩堂JAPAN
カラー
(シアターN渋谷)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]