シネマトゥデイ

オボエテイル (2005)

2011年1月8日公開 125分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オボエテイル
(C) 2005 (株) ベルウッド

見どころ

人気ミステリー作家・高橋克彦の直木賞作品「緋い記憶」を筆頭に、「遠い記憶」「前世の記憶」の3作品を、日活撮影所出身の3監督、久保朝洋、芳田秀明、明石知幸が映像化したオムニバス形式のミステリー映画。人間の記憶をテーマにした作品群を、おのおのテイストの違う個性的な演出と、高橋氏の地元・盛岡でのオールロケで情感あふれる人間ドラマに転化。香川照之、村上淳、麻生祐未ら実力派俳優たちによる迫真の演技も見ものだ。

あらすじ

東京でデザイン事務所を経営する山野(香川照之)のもとに郷里・盛岡の友人が訪ねてくる。彼は古い住宅地図を手渡すが、それは記憶に閉じ込めた街で、山野が少年のときに出会った少女の家は空き地とだけ記されていた。(『緋い記憶』より)新進作家の倉本は、母親と二人で暮らしていた。ある日、テレビの取材で盛岡に足を運び、スナックに勤める相沢世里子という女性に出会うが、突然、子どものころの記憶がよみがえる。(『遠い記憶』より)

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 生駒隆始
カラー/ビスタサイズ/dts
(新宿K's cinema ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]