シネマトゥデイ

悲しみのミルク (2008)

2011年4月2日公開 97分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
悲しみのミルク
(C) Courtesy of Wanda Vision

見どころ

母親の苦悩が母乳を通して子どもに伝染する「恐乳病」という南米ペルーの言い伝えを基に、残酷ながらも感動的なストーリーを紡ぐ寓意(ぐうい)劇。第59回ベルリン国際映画祭金熊賞、第82回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートなど、国際的に高い評価を受けた。監督は、本作が長編第2作目にあたるクラウディア・リョサ。恐乳病におびえるヒロインの姿や行動から、ペルーの激動の歴史が見えてくる。

あらすじ

母親を失った若い娘ファウスタ(マガリ・ソリエル)。母乳を通して母の体験した苦しみを受け継ぐ病、「恐乳病」に侵されていると信じるファウスタは、男たちから身を守るためにじゃがいもを体の奥にひそませていた。母の埋葬のためにピアニストの屋敷で働いているファウスタだったが、ある日ファウスタの口ずさむ歌が雇い主の心をとらえる。

[PR]

映画詳細データ

英題
LA TETA ASUSTADA
製作国
ペルー
配給
  • 東風
カラー/35ミリ/HD
(渋谷ユーロスペース ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]