焦げ女、嗤う (2010)

2011年5月7日公開 54分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

新鋭の瀬川浩志監督と、『ジャーマン+雨』などで撮影を担当した平野晋吾がタッグを組んだ個性派ラブストーリー。若い男女の欲望と困惑が入り交じる怒とうの青春を、独特の視点で一気に見せる。迷えるヒロインに『最期のチャンス』の新井美穂、彼女の元恋人を『最新作』などの個性派、高木公介が好演する。今を生きる若者たちの純愛を赤裸々に描きながらも決して湿っぽくならず、どこか乾いた空気感が漂うストーリーに引き込まれる。

あらすじ

26歳の冬子(新井美穂)は圭吾(谷尾宏之)と付き合っていたが、ある日突然デートの途中で山に置き去りにされ、圭吾との関係はあっけなく終わる。傷心の彼女は、高校時代の元カレ久太(高木公介)と偶然街で再会し、勢い余って彼と寝てしまう。だが、久太にひそかに思いを寄せるシュウコ(よこえとも子)という女性が現れたことにより、2人の間はぎくしゃくし始め……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
カラー/DV/ステレオ
(渋谷アップリンクX ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]