シネマトゥデイ

幸せの経済学 (2010)

2011年5月21日公開 68分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

世界各国で翻訳され、高く評価されている「ラダック 懐かしい未来」の著者であり、世界のローカリゼーション運動のパイオニアでもあるヘレナ・ノーバーグ=ホッジ監督・プロデュースのドキュメンタリー。グローバルからローカルへをテーマに、ヴァンダナ・シヴァら世界中の環境活動家たちが豊かな暮らしについて語る。開発という名の消費文化に翻弄(ほんろう)されるインドのラダック地方の人々の姿を追い、本当の豊かさとは何かについて考える構成に注目だ。

あらすじ

アメリカで毎年行う世論調査で「非常に幸福だ」と答えた人の割合は、1956年をピークに徐々に下がってきている。50年前に比べて物は3倍に増え、物質的な豊かさは十分に満たされているはずだが、人々の幸福感は毎年減少を続けているようだ。では、本当の豊かさや幸せはどこへ行ってしまったのか、さまざまな観点から考えていく。

[PR]

映画詳細データ

英題
THE ECONOMICS OF HAPPINESS
製作国
アメリカ/ニカラグア/フランス/ドイツ/イギリス/オーストラリア/インド/タイ/日本/中国
配給
  • ユナイテッドピープル
カラー
(渋谷アップリンク)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]