シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

チェルノブイリ・ハート (2003)

2011年8月13日公開 61分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年、“ホット・ゾーン”と呼ばれる高濃度汚染地域の現実に迫り、第76回アカデミー賞ドキュメンタリー短編賞を受賞した話題作。ベラルーシのホット・ゾーンに住み続ける住民たちの姿をとらえ、16年たっても続く被爆被害の事実を追う。監督は、ドキュメンタリー作家のメアリーアン・デレオ。放射線治療の現場、小児病棟、乳児院など、注目すべき映像がつづられていく。

あらすじ

チェルノブイリ原発事故後初めて故郷に帰った青年は、廃虚となった自宅アパートへ向かう。爆心から3キロの強制退去地域は、何もかもを台無しにした事故が起こった1986年で時間が止まったままだ。色あせた1986年のカレンダーを見つめ、彼は「近親者の10人がガンで死んだ。放射能とは無関係だとおれが信じると思う?」とつぶやく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

スタッフ

監督・プロデューサー
編集

映画詳細データ

英題
CHERNOBYL HEART
製作国
アメリカ
配給
  • ゴー・シネマ
カラー
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]