シネマトゥデイ

沈黙の春を生きて (2011)

2011年9月24日公開 87分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
沈黙の春を生きて
(C) 2011 Masako Sakata / Siglo

見どころ

『花はどこへいった』の坂田雅子監督が再びメガホンを取り、枯葉剤の影響について深く掘り下げたドキュメンタリー。ベトナム戦争終結後35年が過ぎても、ベトナムはもとより現地に派兵された元米軍兵士やその家族が今も受け続ける枯葉剤の被害の実状をあぶり出す。片足と指が欠損して生まれた帰還兵の娘ヘザー・A・モリス・バウザーや、困難の中ベトナムで必死に生きる家族らが出演。決して平坦ではない人生が、観る者の琴線に触れる。

あらすじ

ベトナム戦争に介入したアメリカは1962年、森に潜むゲリラを一掃するため、猛毒のダイオキシンを含む枯葉剤の散布を決定する。アメリカ政府によると枯葉剤は人体への影響はないはずだったが、その後ベトナムでは重度の障害を持つ子どもや奇形児が激増。同様にベトナム帰還兵の子どもたちにも同じような症状が見られるようになる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シグロ
カラー/HDV
(岩波ホール)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]