シネマトゥデイ

MADE IN JAPAN こらッ! (2011)

2011年10月1日公開 84分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

とある一家が、祖母の死をきっかけに崩壊していくさまをシニカルに描いたホームドラマ。京都造形芸術大学映画学科の学生とプロのスタッフ、キャストが手を組んだプロジェクト「北白川派映画芸術運動」第2弾として製作され、同学科教授でもある『BOX 袴田事件 命とは』『禅 ZEN』の高橋伴明が監督を務める。『犯人に告ぐ』の松田美由紀と、撮影当時同学科1回生の大西礼芳がダブル主演。脚本を担当した4回生の和間千尋をはじめ、50名の学生がスタッフとして参加している。

あらすじ

18歳の雛子(大西礼芳)が両親と祖母と暮らす杉田家は、ありふれた一般的な家庭だった。しかし、祖母が亡くなったことで父・完治(山路和弘)は家に引きこもるようになり、母・春子(松田美由紀)は雛子と同い年の青年のホームヘルパーの仕事に熱中していく。やがて、春子が家を去り家族の関係が崩壊していく中、どんなことにも関心のなかった雛子の感情が爆発し……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・制作・プロデューサー
制作・プロデューサー
制作・撮影監督
制作
脚本
音楽
照明
美術
録音
監督補
音響効果
衣裳
メイク

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 北白川派
  • マジックアワー
  • 京都造形芸術大学映画学科
カラー/HDデジタル/16:9/ステレオ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]