どなたでもご覧になれます

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド (2011)

2011年11月19日公開 210分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
(C) 2011 GROVE STREET PRODUCTIONS LIMITED. (C) George Harrison (C) Harrison Family

見どころ

ザ・ビートルズのメンバーとして絶大な人気を誇るジョージ・ハリスンの没後10年作品として、『ディパーテッド』のアカデミー賞受賞監督マーティン・スコセッシが手掛けた音楽ドキュメンタリー。子ども時代からビートルズのメンバー時代、さらにはソロ活動の時代といった各年代の未公開映像が見られる。リンゴ・スター、エリック・クラプトン、ポール・マッカートニーらが登場し、ジョージのプライベートな素顔にも迫ることができる貴重な一作。

あらすじ

メンバーの中で一番年下の17歳で、リードギターとしてザ・ビートルズの一員となったジョージ・ハリスン。その後ビートルズは世界でセンセーショナルを巻き起こし、富と名声を手にした彼は、誰からもうらやまれるほどの地位を得たものの、何かが足りないと感じる。そのとき22歳だったジョージは、その後インドへの旅などを通してインド哲学と音楽に陶酔していく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
GEORGE HARRISON:LIVING IN THE MATERIAL WORLD
製作国
アメリカ
配給
  • 角川映画フィルムインク
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]