シネマトゥデイ

魂を握り潰した男 (2011)

2011年11月12日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

中野ザ・ポケットにて驚異的な動員を記録した「劇団クラゲ荘」の舞台を映画化。飛び降り自殺を止めようとしてあの世に行ってしまった主人公が、死の世界で不可思議な体験を余儀なくされる様を描く。監督は、「劇団クラゲ荘」を立ち上げた前田万吉。主演は、前田と共に劇団を立ち上げ、劇団で数々の作品の主演を務めてきた幸将司。前田監督の故郷である石川県能登町などで撮影した、地元愛あふれる映像も堪能することができる。

あらすじ

愛する妻と生まれてくる子どものために日々練習に精を出すボクサー、中川虎太郎(幸将司)。ボクシングの練習を終え、ビルの警備の仕事で屋上の見回りに出向いた虎太郎は、不可解な行動をしているように見える男を発見。すると男は手すりから身を乗り出そうとし、とっさに止めようとした虎太郎は、男と共に屋上から落ちてしまう。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 神宮前プロデュース
カラー
(新宿K's cinema)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]