シネマトゥデイ

ウィ・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン (1973)

2013年6月15日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウィ・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン
(C) 2011 by Charlie Levi. (C) 2011 BY THE NICHOLAS RAY FOUNDATION

見どころ

『理由なき反抗』などで著名なハリウッドの巨匠ニコラス・レイ監督による最後の長編作。晩年に講師を務めていたニューヨーク州立大学ビンガムトン校映画学科の学生たちと共に、当時のアメリカの社会、政治状況などをリアルに反映させ、さまざまな手法を用いてビデオアートのような実験的作品を作り上げた。1973年のカンヌ国際映画祭で上映されて以降、編集や追加撮影を繰り返し、完成前に亡くなったレイ監督の幻の遺作を堪能できる。

あらすじ

『理由なき反抗』『大砂塵』など数々の傑作を送り出したハリウッドの巨匠ニコラス・レイ監督は、1972年、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校映画学科に講師として招待された。学生たちと一緒に映画製作に取り組み、フィクションとドキュメンタリーが混在し、複数の画面を同時に映し出すなど、現代のビデオアートを思わせる実験的な映像が展開する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
WE CAN'T GO HOME AGAIN
製作国
アメリカ
配給
  • Boid
カラー/BD
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]