どなたでもご覧になれます

珈琲とエンピツ (2011)

2012年3月10日公開 67分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
珈琲とエンピツ
(C) COFFEE TO ENPITSU.STUDIO AYA

見どころ

『架け橋』などで知られるろう者の映像作家・今村彩子が、同じろう者であるサーフショップ&ハワイアン雑貨店の店長・太田辰郎との出会いと交流をつづったドキュメンタリー。店を訪れる客にコーヒーを振る舞い、紙と鉛筆、身振り手振りで健常者を相手に会話を楽しむ太田。その姿をカメラから見つめ、徐々に深く接していくうちに、今村監督が障害者として抱えていた怒りや孤独といったネガティブな感情と決別していくさまを映し出す。人と人をつなぐコミュニケーションの在り方、そこから生まれてくる温かくて大きなパワーというものを深く考えさせられる。

あらすじ

聴者とろう者は心から通じ合えないと思い込み、自分というものを出さずに生きてきた怒りや孤独を、創作のエネルギーに変えてきた映像作家の今村彩子。そんな感情が肥大して作品を撮る意欲がなくなりつつある中、静岡県湖西市でサーフショップ&ハワイアン雑貨店を営むろう者の太田辰郎を知る。自分の愛飲するコーヒーを客にサービスし、それをきっかけに筆談しながら瞬く間に打ち解けてしまう太田。相手が聴者だろうとろう者だろうとも同じように態度で胸襟を開く彼の魅力を感じた今村は、2年近く名古屋から湖西に通い続けて取材を敢行。やがて、自分の中で何かが変わり始めていることに気付く。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
プロデューサー

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • Studio AYA
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]