汽車はふたたび故郷へ (2010)

2012年2月18日公開 126分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『ここに幸あり』や『月曜日に乾杯!』などの名匠、オタール・イオセリアーニ監督の自伝的要素を含む人生賛歌。自由を求めて旧ソ連時代のグルジアからフランスに移り住んだものの、またそこでも映画界の商業主義と闘わざるを得なかった映画監督の苦難の日々をユーモラスに描く。主役を演じるのは、監督の孫であるダト・タリエラシュヴィリ。亡命してまでも、自分自身でいることをあきらめなかった主人公の波乱に満ちた道のりが共感を呼ぶ。

あらすじ

グルジアがまだ旧ソ連だったころ、少年ニコ(ダト・タリエラシュヴィリ)は、ついにあこがれの映画監督になる。ところが彼が一生懸命撮った作品は検閲に引っ掛かり上映禁止になってしまう。そんな折り、ニコはグルジアを訪れていたフランス大使と会う機会に恵まれ、盗聴に気を付けながら談笑するものの、そのすべては何者かに監視されていた。

[PR]

映画詳細データ

英題
CHANTRAPAS
製作国
フランス/グルジア
配給
  • ビターズ・エンド
カラー/ドルビーデジタル
(岩波ホール ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]