シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇- (2011)

2012年7月7日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-
(C) World Productions (United) Limited MMX1

見どころ

イングランドの名門サッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッドが1958年に遭遇した飛行機事故による悲劇とチームの復活を、実話を基に描いた感動的なスポーツ・ドラマ。悲しみに暮れながらもチームを再建させた苦難の道のりを、熱血コーチのジミー・マーフィーとイングランドが誇るレジェンド、ボビー・チャールトンを中心につづる。出演は、人気ドラマ「ドクター・フー」の10代目ドクターを演じたデヴィッド・テナントと、『THIS IS ENGLAND』のジャック・オコンネル。実話ならではの重厚なストーリーに、ファンはもちろんそうでなくとも胸を熱くする。

あらすじ

1958年2月、マンチェスター・ユナイテッドの選手や関係者が乗ったチャーター機が離陸に失敗し、多くの犠牲者を出す大惨事が発生。チームの中心選手であるダンカン・エドワーズ(サム・クラフリン)らが亡くなり、監督のマット・バスビー(ダグレイ・スコット)は、一時危とく状態となってしまう。難を逃れたコーチのジミー・マーフィー(デヴィッド・テナント)は、理事会でチームの存続を熱弁し、かくして彼に再建が託される。一方、選手のボビー・チャールトン(ジャック・オコンネル)はショックから立ち直れず、ボールを蹴ることもできなかった。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
UNITED
製作国
イギリス
配給
  • ゴー・シネマ
カラー/ビスタサイズ
(シアターN渋谷 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]