どなたでもご覧になれます

ラ・ワン (2011)

2012年8月4日公開 156分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

インドの大スター、シャー・ルク・カーンが主演を務め、ゲームの空間から飛び出て現実世界で大暴れする男を描くSFアクション。ゲームを途中でやめた少年に怒りを感じたゲームの登場人物が、少年を抹殺しようと現実世界に現われて戦う姿を破格のスケールで描写する。開発者役のシャーのほか、ラジニカーントが『ロボット』のキャラクターでカメオ出演。劇中曲を、レディー・ガガのプロデューサーであるエイコンが担当。インド映画の真骨頂ともいえる歌とダンスと共に、し烈かつ奇想天外なバトルが観る者をとりこにする。

あらすじ

デジタル世界のデータを実際に物質化できる技術がイギリスのバロン社で開発されたころ、同じ会社のシェカル(シャー・ルク・カーン)たちは「Ra.One」という名のゲームを作り上げる。完成披露パーティーの日、シェカルの息子、プラティクは“ルシファー”の名でログインしたが、途中でゲームをやめて帰宅してしまう。するとゲームのキャラクター、ラ・ワンがルシファーを抹殺しようと、現実世界に現われ……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
RA ONE
製作国
インド
配給
  • パルコ
カラー
(東京都写真美術館 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]