英国ロイヤル・バレエ/ラ・フィーユ・マル・ガルデ (2012)

2013年5月22日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
英国ロイヤル・バレエ/ラ・フィーユ・マル・ガルデ
(C) Royal Opera House, London.

見どころ

英国ロイヤル・バレエ団が2012年3月に上演した愉快な恋愛喜劇「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」を映像化。イギリスを代表する振付家フレデリック・アシュトンが、18世紀のフランスのバレエを1960年に新たにアレンジ。のどかな田園地帯を舞台に、愛する女性の縁組を阻止しようと、若い農夫が繰り広げる大騒動を描く。ユーモアあふれる振付や男性ダンサーの軽快な跳躍を、バレエダンサーの息遣いまでわかるほどの臨場感で堪能できる。

あらすじ

農家の一人娘リーズ(ロベルタ・マルケス)と農夫のコーラス(スティーヴン・マックレー)は愛し合っていたが、リーズの母シモーヌ(フィリップ・モスレー)は娘を大農場の息子と結婚させようとしていた。コーラスはリーズの結婚を阻止しようとするが、シモーヌは娘の結婚を急ぎ……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
イギリス
配給
  • ワーナー・マイカル
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]