シネマトゥデイ

処女の泉 (1959)

2013年7月20日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
処女の泉
(C) 1960 AB Svensk Filmindustri

見どころ

スウェーデンが生んだ20世紀を代表する巨匠、イングマール・ベルイマンが手掛けた珠玉の名作。キリスト教徒の無垢(むく)な娘を襲う悲劇や、父親の手によってなされる制裁とその後を描き出す。復讐(ふくしゅう)に燃える父親を、ベルイマン監督作品には欠かせない名優マックス・フォン・シドーが熱演。モノクロームの陰影ある映像で映し出される衝撃的な物語は言うまでもなく、最終的に登場人物がたどり着く魂の救済に胸が震える。

あらすじ

16世紀のスウェーデン、豪農テーレ(マックス・フォン・シドー)の一人娘カーリン(ビルギッタ・ペテルスン)は、奉公人のインゲリ(グンネル・リンドブロム)と一緒に教会にロウソクを届けに行く。その後、森で3人の貧者と出会った彼女は惜しみなく食事を提供するが、無惨にも強姦(ごうかん)された末に殺害されてしまう。インゲリは隠れて一部始終を見ていたが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE VIRGIN SPRING
製作国
スウェーデン
配給
  • マジックアワー
モノクロ/デジタル/スタンダード/モノラル
リンク
公式サイト

前売券特典

ポストカードセット(3回券限定)
ポストカードセット(3回券限定)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]