そして誰もいなくなった (1945)

1976年8月7日公開 97分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
そして誰もいなくなった
(C)Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

見どころ

王道のサスペンスであるにもかかわらず、ユーモラスなシーンが沢山盛り込まれている。クリスティーの原作の「そして誰もいなくなった」との結末の違いも楽しみどころ。ストーリーラインは王道のサスペンスだが、全体的に喜劇のようなシーンが多く笑いポイント多数。冒頭のシーンや鍵穴のシーンなどベタすぎるお笑いにも注目。

あらすじ

「インディアン島」という孤島に年齢も職業も異なる男女8人がU.Nオーエンという謎の人物に招待されてやってくる。しかし、屋敷には使用人のロジャース夫妻がいるだけで、主人のオーエン氏の姿はなかった。誰もオーエン氏を知らない。やがて「10人のインディアン」の童謡歌詞に導かれるように1人、また1人と殺されていくが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
AND THEN THERE WERE NONE
製作国
アメリカ
技術
モノクロ
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]