シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

生贄のジレンマ (2013)

2013年7月13日公開 84分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
生贄のジレンマ
(C) 2013土橋真二郎、アスキー・メディアワークス / ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

見どころ

土橋真二郎の小説を、『DEATH NOTE デスノート』シリーズの金子修介、『L change the WorLd』の小林弘利のタッグで映画化したサバイバルサスペンス。いけにえをささげなければ全員死亡するという不条理な状況に置かれた高校生たちが、命懸けのゲームに翻弄(ほんろう)される姿を描く。他人のために自分を犠牲にできるか、それとも誰かを犠牲にするかという究極の選択を迫られる生徒たちを、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの須賀健太、『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』などの竹富聖花らが熱演する。

あらすじ

篠原純一(須賀健太)や鈴木理香(竹富聖花)らが通う高校の校庭に、卒業式の朝、非常に深い巨大な穴が突如出現。そこへ「今から1時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法はいけにえをささげることです」と意味不明な校内放送が流れる。当初は軽く考えていた生徒たちだったが、やがて最初の犠牲者が出て、ただのいたずらではない究極のサバイバルゲームに巻き込まれていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]