ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険 (1924)

2013年8月17日公開 73分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

ロシア革命直後の激動のソビエト連邦時代にモンタージュ理論を生み出し、現代映画の基礎を築いたレフ・クレショフ監督による風刺コメディー。ソビエトに視察旅行にやって来たアメリカ人男性が、悪魔の国という先入観を利用して彼をだまそうとする詐欺師一味によって、珍騒動に巻き込まれていくさまが描かれる。クレショフ監督のもとで学び、後に映画監督となるボリス・バルネットやフセヴォロド・プドフキンが出演している。

あらすじ

アメリカ人のウェスト(ポルフィリ・ポドーベド)は、メディアが紹介した社会主義者が幅を利かす悪魔の国というソビエトの実情を自ら確かめるべく、カウボーイのジェディ(ボリス・バルネット)を用心棒にソビエトへやって来る。そんな彼をターゲットにしようともくろむ詐欺師一味は、アメリカ人が抱く偏見を利用して彼らを脅迫しようともくろむ。その後ウェストは、次から次へと発生する奇妙な事件に遭遇し……。

[PR]

映画詳細データ

英題
THE EXTRAORDINARY ADVENTURES OF MR. WEST IN THE LAND OF THE BOLSHEVIKS
製作国
ソ連
配給
  • トレノバ
サイレント/B&W
(渋谷ユーロスペース ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]