シネマトゥデイ

掟によって (1926)

2013年8月17日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

モンタージュ理論の先駆者で、セルゲイ・M・エイゼンシュテインなどを育てたレフ・クレショフ監督の代表作であるサスペンスドラマ。黄金採掘にやって来た男女のグループで殺人が発生した後、川の氾濫によって孤立した殺人犯と1組の夫婦のやり取りを描き出す。アメリカ人作家ジャック・ロンドンの短編小説を基に、ロシア・フォルマリズムの代表的な人物で作家のヴィクトル・シクロフスキーが脚本を担当した。クレショフ監督が最高傑作と自負する、スリリングな展開に引き込まれる。

あらすじ

北アメリカ大陸北西部に位置するユーコン川に、黄金の採掘を目的に男4人と女1人の5人組が訪れる。鉱脈を発見するも仲間にばかにされていると感じたデニン(ウラジーミル・フォーゲリ)は、仲間のうち2人を殺してしまう。その後、残ったハンス(セルゲイ・コマロフ)とエディス(アレクサンドラ・コフローヴァ)によって拘束される。しかし、川が氾濫し、3人は小屋に取り残されてしまい……。

[PR]

映画詳細データ

英題
BY THE LAW
製作国
ソ連
配給
  • トレノバ
サイレント/モノクロ
(渋谷ユーロスペース ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]