終わりゆく一日 (2011)

2013年10月26日公開 111分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
終わりゆく一日
(C) 2011 OKOFILM SRF ARTE Thomas Imbach

見どころ

チューリヒを拠点に活動する映画作家トーマス・イムバッハ監督が、15年間撮り続けた風景と留守番電話へのメッセージを融合させて生み出した自伝的作品。何げない日常の風景と共にそれぞれの声によって父親の病気と死、そして息子の誕生とパートナーとの別離などがつづられる。カメラに映し出されるのは、子どもたちや労働者などのごく普通の人々。監督自身の人生を反映させた物語や、圧倒的な迫力の映像美が深い余韻を残す。

あらすじ

映画監督のTは古い倉庫のロフトを仕事の拠点とし、毎日窓から見える景色をカメラに収めている。どこまでも広がるランドスケープの中で彼は35ミリフィルムを使用し、ひときわ高い工場の煙突や空を渡る鳥の群れや地上を歩く女性の姿などを撮影する。一方、Tの留守番電話には映画関係者はもとより、両親や友人たちがさまざまなメッセージを残していく。

[PR]

映画詳細データ

英題
DAY IS DONE
製作国
スイス
配給
  • フルモテルモ
  • コピアポア・フィルム
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]